忍者ブログ

うずら+○×8=HAPPY♪

関ジャニ∞好きな30代主婦うずらが、溺愛する∞(特にマルちゃん)について熱く語るブログ

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メンタル面が厳しい状態になると、行きたくなる海外旅行。
中でも、私にとって一番最初の海外訪問先でもあり、心の癒しである「インド」は、
数ある国の中でも別格です。

志望校に落ちまくって全然やる気なく入学した大学でめぐり合った「インド」という国。
まさに「出会いは運命」のようなもので。

それまでのプライドだけやたら高く、
コンプレックスの塊だった私の心を癒してくれたのは、
この大学で出会ったかけがえのない友人と恩師とそして、この「インド」でした。

訪問したのは、大学3年の夏休み、およそ3週間。
もちろん、目的は「語学実習」だったんで、毎日英語の授業を受けながら、
歴史的建造物を観光してまわってたんですが、
ある日、有名な観光地デリー城とジャマーマスジットと呼ばれるモスクをまわるとき、
ほんの少しの距離なのに、
先生が二人一組で「リクシャー」と呼ばれる人力車に乗るように指示を出しました。
デリー城の入り口からモスクの間には、「チャンドニーチョーク」と呼ばれる
その地域の人たちご用達の「市場」があったんです。

その場所はまさにインドの「本当の姿」が垣間見れる場所で、
ソレと同時に、日本人をはじめとする外国人観光客が歩くには非常に危険をともなう
場所でした。
「汚い」という一言で表現できないほど誇りまみれで、灰色の廃墟みたいな場所に
たくさんの人々が団子みたいに密集していて体臭が漂い、その高い場所に青い澄んだ空が見えている
ような場所。

人々は、自分と到底違う顔をしている私たちをぎょろりとした目でいっせいに見つめていました。
「怖い」と思いました。

ほんの5分くらいの短い道のりを走って、モスクの入り口にたどり着いたとき、
私はとても信じられない光景を目にしました。

それは、およそ人間とは思えない姿をして、物乞いをしている人の姿。

あまりの姿に私は思わず一瞬で目をそらしてしまったんですが、
十数年たった今でもその姿は忘れることができません。

日本に帰国してから聞きました。
貧富の差が激しい「インド」では、カーストの下位層やカーストに入ることすらできないいわゆる「不可殖民」と呼ばれる人たちで、貧乏な人は、自分の体の一部をわざと不自由にして生きるために「物乞い」になる人もいるということを。

ほんとうにショッキングなことでした。

日本だったら、絶対にありえないことだし、道徳的に考えても許されないことだし。


でも逆に考えると、きれいごとばかりではないこの世の中で、その場所は
そういうことを隠すことなく、ありのままをさらけだしているそういう場所だったのでは?
と私は今、感じています。

インドという国は、そういう国なんです。

私は実際に行ったことはありませんが、
「ベナレス」と呼ばれるインド最大の聖地のガンジス川沿いでは、
結婚式をやっている横でお葬式が行われ、
顔を洗ったり、沐浴(聖なる川ガンジスの水で身体を清める行為)したりする隣で
用を足したり、信じられないけど死体が流れてたりする。

生と死
陰と陽

相反するものが必ず一緒の場所に存在する。
そして、人々はそれを普通のこととして受け止めて毎日の生活を送っている。

日本の生活の中では、
陰の部分をひたすら隠し、非日常と受け止め、
異常なくらいに糾弾することで、その存在の善悪を無理矢理決め付けようとする。

たまにそんな生活にめっちゃ嫌気がさします。

何が正しくて、何が間違っているなんて、
たった一人の考えなんかで到底判断つくもんじゃあないし、
たまに、自分も凝り固まった考えに押しつぶされて麻痺していることに気づく。

そんなとき、無性にインドに行きたくなる。
そして、ちっちゃいことで凹んで悩んでいる自分のこんな情けない精神を
叩きのめしたくなる。

すべてのことに「絶対」はない
すべてのことに「確定」はない

そして、すべての人間が同じ考えを持つということはないのだということ。


だから、その人のありのままを受け止めようと。
そういう人間になりたいと
心から思うのです。



凹んでるとき、そう思うことで、自分を浄化しようとしています。
自分を変えた「インド」のことを思うことで、
なんとか這い上がろうとします。

でも、やっぱり現地に行きたいなぁ。
あの、土から栄養をもらってるような、
ちゃんと「生きている」んだと自覚できる場所に
もう1度立ってみたいなぁ。。。。





拍手[0回]

☆rei姉☆
ご飯おいしかったと言って貰えて嬉しい☆
作りがいがあるというもんです!
家はね、新しいからおしゃれなんですが、見えないとこは酷い状態ですよ(泣)
加えてね、私のセンスのなさから、どうお部屋を改善すべきか激しく悩んでおりまして・・・
マジ、どうしようか???
またぜひ遊びにきてくださいねー
そして、rei姉も、看病疲れしないように^^
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[09/13 ゆう]
[05/28 rei]
[04/10 rei]
[02/26 rei]
[11/16 ゆう]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
うずら
性別:
女性
職業:
主婦たまにイベントMC
趣味:
関ジャニ∞
自己紹介:
毎日が∞、毎日が丸山隆平になっているおばちゃんeighterのつぶやきをどうぞお楽しみください。

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うずら+○×8=HAPPY♪ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]